スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フランス・コートダジュールとミラノの旅 21 ヴィルフランシュ・シュル・メール

ヴィルフランシュ・シュル・メール villefranche-sur-mer

私が一番気に入った風景

突然目の前に開けた、風景
なぜ、こんなにキレイなんだろう~~
いつまでも、観ていたい風景です!!

私達の前に、こちらで景色を見ていたご夫婦が主人に話しかけてこられ
「アメリカから、この風景を観に毎年来ているの!!!」だそうです

ここ

海岸沿いを、アップで写すと~~!!!
大きな家の庭には、それぞれのマイプールが見えます

海のアップ

ヴィルフランシュ・シュル・メールの港が見えて来ました♪
街

街には、キレイな花が咲いていました
花

街には城跡の城壁が
この障壁の横に、大きな駐車場があり車を止めました!

城跡

駐車場を出て歩いていると、花がたくさん咲いている家が見えました
花の咲く家

ヴィルフランシュ・シュル・メールに来たのは、この海と
写真右手の建物! 教会が、目当てです♪
ジャン・コクトーの絵で教会内は埋め尽くされています

教会

ヨットの並ぶこの辺りには、レストランが並んでいます!!
みなと

ジャン・コクトーの絵がある教会から、歩いて数分の海岸沿いにあるレストラン!
手前から2件目の黄色いテントのお店ですが~~
先ほどムール貝を、大きな網に入れて持って入っている人を発見

ランチ

しかも、お店の中には“ジャン・コクトー”の絵が~~~!!!!
コクトー


まだまだ、続きますが~今日は、ここまで。。。スミマセン
スポンサーサイト

テーマ : パリ、フランス
ジャンル : 海外情報

フランス・コートダジュールとミラノの旅 7 ヴィラ・エフルシ・ド・ロスチルド邸

フェラ岬(Cap Ferrat)は、コートダジュールでも屈指の高級別荘地!
貴族達が競って邸宅を建てた場所です。

ここロスチルド邸(英語ではロスチャイルド邸)は、
イタリア・ルネッサンス様式の館で
20世紀初頭の大財閥に生まれた男爵夫人により建てられました。

西にヴィルフランシュ・シュルメールの入り江
東にボーリューの湾を見下ろす眺望が楽しめます
まさに絶景の地の、贅を尽くした邸宅でした!

車を、駐車スペースに置いて坂を登ること数分、
西側のヴィルフランシュ・シュルメールの湾に面した
邸宅の見学者入口。
写真をクリックしてもらうと、大きくなります。


ロスチャイルド 入口

邸宅の正面玄関。
総2階建ての、優しいピンク色の御殿です!

正面玄関

手入れの行き届いた花達が、とってもキレイです
像と花


大きなドアの中は、広い広場のような空間が広がっているのが見えます
入口

中に入ると、こんなに広いロビーが広がっていました!
見上げてしまいます
2階まで吹き抜けで、明るい日差しも差し込んでいます。

エントランス

ロビーの横には、大きな部屋があって圧巻
広くて豪華なこの部屋は、応接部屋でしょうね!
柱にまで、花の絵が描いてあってとってもキレイ
写真をクリックしてもらうと、大きくなります。

キレイな部屋

壁の部分を切り取って、丸い曲線の可愛いソファが出来ています
ここで、どんな生活が繰り広げられていたのでしょう
いす

ん~~~!!!と、うなってしまいそうな食器がイッパイ。
どんなお茶を飲んでいたのでしょうか?
一人用のセットの様です

食器1

大皿もあります。ブルーのキレイな皿です。
大皿

このテーブルに座って、オシャベリをして時間を過ごしていたのでしょう。
部屋

チョット深さがあるお皿。中心には、楽器が描かれていますね!
皿

何とも可愛い部屋、ちょっと迷路のようになっている
奥の部屋です。
当時を感じられる、洋服などが飾られていてリアルでした!

可愛い部屋

ベッドの横にあるテーブルの上にディスプレイされていた鏡?
綺麗な刺繍が刺してあります。

刺繍

花のシャンデリアは、とっても繊細で可愛い
花のシャンデリア

建物から中庭に出ると、ズーッと遠くまで花の庭園が続いていました
庭

池の横には、ピンクと紫の花がとってもキレイ!
花の咲く庭

一定時間ごとに、噴水が出て来ます♪
この日はとっても暑くて、子供達が噴水の水を浴びに行ってはしゃいでいました。

噴水

長い池のはしから写した写真
池は、長い

噴水の水の出口が、クルクル回って
かわいいアーチが出来ています。

可愛い噴水

気温は35℃位ありそうですが、二度目のバラが咲いてました。
バラ

ここの庭にも、大きなサボテンが植えてあります。
サボテン

サボテンの花! まだ、開いていませんでした。
サボテンの花

東のボーリューの湾方向。
たくさんの船が停泊しています。

海が見えます

西のヴィルフランシュ・シュルメール方向の海を見渡せるカフェで
今から、ランチです!
カフェの入口。

カフェ入口

カフェ入口に置いてあったケースには、ケーキが・・・
ケーキ

カフェの天井は、こんなに可愛い!
天井

テラス席は、とっても海に近い。
でも、日が差してとっても暑いです・・・

ヴィルフランシュ・シュルメール方向は、本当に海がキラキラ光っています
写真をクリックしてもらうと、大きくなります。
海の見える席

ペーパーナプキンも、ピンクでカワイイ!
テーブル

注文したのは「クロックムシュー」パンの間にハムとチーズが挟んであります。
パリでは、厚めのパンの上にハムとチーズが乗っていましたが・・・。

クロクムシュー


とっても暑くて疲れていたので、甘いくて冷たいアイスクリームを注文。
日本のパフェみたいな物が、来ました

パフェ

南国の国のように、ブーゲンビリアがどこに行っても満開
ブーゲンビリア

テーマ : パリ、フランス
ジャンル : 海外情報

フランス・コートダジュールとミラノの旅 2 カンヌの街(仏)

2010年6月  フランスの地中海沿い カンヌの街
誰もがTVで見たことがある 「カンヌ映画祭会場」

正面全景


映画祭

受賞した人達の手形が、こんな所に・・・
いたるところにちらばっていて、
北野たけしさんの手形は、見つからず・・・

手形

階段の左手には、海が見えます。
建物

すぐ横は、きれいな砂浜。
海から

カンヌ映画祭の建物の上には、サボテンの植栽が・・・
ここは、乾燥した土地で熱いからサボテンがOKと言う事???

サボテン

日本だけではありませんでした~
顔出しパネル!

顔出し

フイルム時代のカメラにフイルムが巻きついているオブジェ
カメラ

作者の名前もちゃんと表示されています!
作者

朝の海    朝日をあびる、船。
朝の海

何時から作り出したのでしょう・・・
7時前なのに、砂のオブジェは出来上がって
左横の赤い布にくるまって、作者は爆睡中

砂の人魚

海岸沿いは、オブジェの展示場。
オブジェ

緑もオブジェの一部?
赤や黄色や・・色々な色の、植木鉢すら街になじんでいます!

赤い植木鉢

たくさんの花々と、よくわからない芸術作品
花とオブジェ

ツーリングが盛んなフランス。
さっそうと、どこまで行くのでしょう???
次の日、このツーリング大会で大変な目に合うとは・・・

ツーリング

写真だって、芸術
海岸

写真の上の方に、宿泊するホテルの塔が・・・
ホテル

海岸沿いには、昔ながらの絵ハガキスタンドがありました。
絵ハガキの写真はちょっと前に写した感じで、買いませんでした!
しかも、高かった。

土産屋

公園にあった犬用ポスト!
犬1

早く言うと、
ワンちゃんの排泄物は袋に入れてポストに捨てましょう!!!
と言うことですね!

犬2
犬3
犬4

自転車のカゴに乗っているワンちゃんも
使っているかもしれません~!

犬4

テーマ : パリ、フランス
ジャンル : 海外情報

フランス・コートダジュールとミラノの旅 1  どんな所に行ったのか☆2010年6月

フランクフルト空港乗換えで、ニースの空港に到着。
初日は、カンヌで宿泊。
カンヌ映画祭で有名! 映画だけでなく、芸術の街でした
ニース

カンヌから、車で10分の街 アンディーブにある
「ピカソ美術館」海沿いの、お城のような美術館です。

ピカソ美術館

カーニュ・シュル・メールには、「ルノワール美術館(家)」があります。
小高い丘の上、オリーブの大木に囲まれた家を訪問

ルノワールの家(美術館)

アメリカ人のおばさんも大絶賛!!!
ヴィルフランシュ・シュルメールの絶景
ヴィルフランシュ・シュルメール

大富豪のロスチャイルド家の別荘は、ピンク色の館。
サン・ジャン・カップ・フェラ
小さな半島の高い所にあるこの館は、両方の海が見える様に建ててありました。

ロスチャイルド邸

みんなが知っているF1の聖地? モナコ
モナコ

ミシュラン2ツ星のオーベルジュ ラ・テュルピーにある
「オステルリー・ジェローム」

オステルリー・ジェローム

鷲の巣村で有名な エズ
朝日を浴びて、光っています。
ホテル「シャトー・エズ」のレストランで、
眼下に海を見ながら朝食を食べました♪

エズ

今、人気の街 サン・ポール
旧市街地は、この入口から入って行きます。
とっても、可愛い街でした☆

サン・ポール

ニースの海岸線
海辺は、砂浜ではなく・・・・石浜でした

ニース

フランスのニースから電車に乗って、モナコとイタリアのヴィンティミグラ
で、電車を2回乗り換え・・・ミラノへ!

ニースの駅

ミラノと言えばここ?かな
ミラノ

ミラノから電車で1時間の ストレーザ
スイスの国境まで、あと少し。この湖の北の端は、スイス領です。
湖に浮かぶ島「ベッラ島」が、今日の目的地です

マッジョーレ島
と言う感じです。
まだアップしていない、小さな村や美術館。
お食事も、マクドナルドから2ツ星まで色々。
少しずつアップして行きます

テーマ : パリ、フランス
ジャンル : 海外情報

プロフィール

まろんちゃん

Author:まろんちゃん
私の名前は、まろん。14歳の柴犬です。みんなにマーちゃんと呼ばれています。柴犬ですが・・・室内犬暦14年!!「番犬には、ならない・・」と、言われています。旅行好きの両親の代わりにブログを書いている、優しい私ですv(^^)v 両親の2009年6月のパリへの旅行は、ファーストクラスを利用したみたいです。ブログに少しずつアップしていきますから・・・チェックしてくださいね!!!

花紀行を書く私ですから、もちろん桜の季節は花見に行きます。今年の春も美味しいランチを食べながら、桜を楽しみました

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。