スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フランス・コートダジュールとミラノの旅 11 ラ・テュルビーの街

ラ・テュルピーの街
街の中心の駐車場に立っていた 標識

駐車場

旧市街の地図です。
地図

散歩中に見つけた「古井戸」
もう使われていないようです・・・井戸の中は、埋めてありました。

古井戸

階段を登って行くと藤棚の奥に、ドアが見えます!
玄関

赤い窓枠のお家
とゆを伝って、花が4階まで登っていっています。

赤い窓枠

とゆの花は、ジャスミンのようにいい香りを放つ、
白い花でした

ジャスミン

ネコがたくさん歩いている街です!
偶然出会って、ネコもビックリ!私もビックリ!

ネコの街

歩いていないネコも発見
網の中のネコ

よく見ると道を横切っているのは、ぶどう棚です。
ぶどう棚

道の横には、カワイイ花が咲いています。
手入れの行き届いた、花達です

はな

またまた、ネコに遭遇。
まだ、ネコに気付かれていません!

道

アイアンのドアのデザインが、とっても素敵
ドア

可愛いピンクの花
ピンク

オーベルジュの前の小道を歩いて行くと・・・
道

道の突き当りにある、ローマ時代の遺跡「アルプスのトロフィ」
夕食が終わって、見に行きました

塔

オーベルジュの玄関も夜に見ると、また違った感じ
夜

朝、写した玄関!
朝

車に乗って出発です。後ろには、オーベルジュ「ジェローム」がみえます。
出発
スポンサーサイト

テーマ : パリ、フランス
ジャンル : 海外情報

フランス・コートダジュールとミラノの旅 10 ミシュラン2つ星 レストラン「オステルリー・ジェローム」でのディナー!

夕方7時半から、ディナーです。
まだまだ、明るくテラスで頂くことにしました

すでに、4人の方がスタートされていました。
テラス席

メニューの表紙も、素敵です
メニュー

メニューを、開いて写真をパチリ
「aコース 70€」を注文。お料理の説明によると、
何でも、とっても量が多いので、日本人にはaコースでも
お腹イッパイになるそうです。

メニュー開く

パイで包んであるこのお料理。
中身が、お肉系だったのは覚えていますが・・・
鴨と言われたような気がしますが、忘れました・・
中に、びっしりお肉が入っていて美味しかったのは覚えています!
完食しました

?

パン3種類。おかわり自由というか、少なくなるとお皿が引かれて
パンが増えて帰って来ます。

パン

やっと、メニューに乗っている 
1品目 鳩のグリル・フォアグラのソテー・夏トリフ・生アーモンド。
これは、前菜の量ではありません・・・!

鳩は苦手と思っていましたが、シッカリと焼き色がついたこの鳩は
臭みが感じられず、完食! 奥に写っているフォアグラのソテーも、なかなかの大きさ。
これは、すでにメインの量です・・・。
カリッと表面が焼きあがったフォアグラは、甘くこれも
夏トリフと生アーモンド(白い色です)と一緒に完食。
夏トリフは、香りが薄いらしく食感だけ味わいました。

かも?

「オマールエビのリゾット(40€)」
これは、隣の席に運ばれて来たのを見て、追加したものです。
一人分をシェアして、2人分に分けてサーブしてもらいました。

私の大好きな海老系を入れたことで、当然豪華コースになりましたが
味のアクセントにもなって、大成功
もちろん、大きなオマールエビはプリプリ
オマールエビの身は甘く、ホワイトアスパラ・リゾット共とっても相性が良く
オリーブオイルの香りが爽やか

オマールエビのリゾット

メニュー2品目
ヒメジのソテー 黒オリーブ添え
白身のくせのない、柔らかな魚。赤い皮が、キレイ!
雑誌に載っていたのも、この料理。

魚

3品目
プロバンスのラム肉
添えてあるのは、マッシュポテトをもっとなめらかにしたような~感じ。

すでに、お腹イパイでほとんど食べられず・・・

羊?

4品目
マスカルポーネとレモンのシャーベット 木いちごソース 木いちご添え

アイス

これも、メニューに乗っていません。
シャーベット(味は、忘れました・・)とプティフルール  奥に、チョコ。

これは、別腹で完食

最後の皿

レストラン、室内の写真。
天井が高く、シャンデリアが綺麗
ここ建物は、この村で一番古い建物だと話してくれました

室内

階段に飾ってあった、花のアレンジ。
フランス人は、この花が大好き!!!
昨年行ったパリ・オペラ座のガラコンサートの時もこの花が飾れていました

花

レストラン用のトイレ。
モザイクで可愛い・・・

トイレ

テーマ : パリ、フランス
ジャンル : 海外情報

フランス・コートダジュールとミラノの旅 9 ラ・テュルビーの街のミシュラン2つ星レストラン「オステルリー・ジェローム」

モナコから、断崖絶壁の崖沿いの道を車で走る事30分
山の奥にある「ラ・テュルビー」の街に着きました。

ミシュラン2つ星レストランのある
オーベルジュ「オステルリー・ジェローム」でお食事をして
ここに泊まります
予約は、約3ヶ月前。一番広い部屋をリクエストしました!
今回の旅の、楽しみのひとつです。

この狭い路地のような道に、オーベルジュの玄関がありました。
赤いスーツケースが置いてある場所です。


オーベルジュ 玄関

ドアの横にレストランの「メニュー」が、ありました
かわいいメニュー

メニューの上には、たくさんのパネルが・・・
横の花は、ジャスミンの様な香りがして癒されます

ドアの横


玄関のドアを開けると、階段!
しかも、結構急な階段です・・・思っていた通りです!!!

でも、大丈夫でした。お料理を勉強しに来ている日本人の人が
3階の部屋まで運んでくれました・・・
写真は、階段の上からの写真です。

玄関を入ると玄関

レストランは、2階です。
レストランは2階

お部屋はこのオーベルジュに一つだけの、スイートです
真っ赤なカーテンが印象的な、落ち着いた部屋です。
部屋

部屋には、水とフルーツが置いてありました
フルーツ

部屋の窓からの眺め
遠く海まで見渡せます~~感激

部屋の窓から

部屋のお風呂です。日本人好みの湯船付でした!!
リニューアルしたのか、とっても綺麗で清潔です。

お風呂

洗面台に置いてあったアメニティーは、2本だけでしたが、
「シャトーホテル」用のアメニティーです
モンサンミッシェルの見えるホテル、「ルレサンミシェル」と同じものです。

洗面台

この写真をクリックしてもらうと、右上に満月が写っています
満月

三階の右上の窓2つが、泊まった部屋の窓です。
写真をクリックしてもらうと、2階レストランのテラスも良く見えます。

部屋

テーマ : パリ、フランス
ジャンル : 海外情報

プロフィール

まろんちゃん

Author:まろんちゃん
私の名前は、まろん。14歳の柴犬です。みんなにマーちゃんと呼ばれています。柴犬ですが・・・室内犬暦14年!!「番犬には、ならない・・」と、言われています。旅行好きの両親の代わりにブログを書いている、優しい私ですv(^^)v 両親の2009年6月のパリへの旅行は、ファーストクラスを利用したみたいです。ブログに少しずつアップしていきますから・・・チェックしてくださいね!!!

花紀行を書く私ですから、もちろん桜の季節は花見に行きます。今年の春も美味しいランチを食べながら、桜を楽しみました

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。