スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仙洞御所 ~紅葉の季節に~

またまた、やって来ました!!
京都御所の中の「仙洞御所」
今日は12月2日、昨夜雨風が強かったので
紅葉は終わっているかもしれません・・・


入口

「仙洞御所」内に入ると、もみじの葉がたくさん苔の上に散っています!
この風景も、風情があっていいのですが~


紅葉

最初に見学するのは「大宮御所」
こちらは、今でも年に一度は皇室の方が泊まられるそうです!!
12月とは思えないほど、晴天の空


御殿

御所の屋根の上の、規則正しい瓦がとっても綺麗です
屋根

「北池」の紅葉は、ほとんど散っているみたいですが
奥の「南池」には、大きな紅葉が真っ赤で残っているみたいです

池

良く見ると、北池の芝の上には黄色い葉が見えます・・・
イチョウの葉です

いちょう

苔の上には、紅葉
落ち葉

イチョウの葉が落ちているので、上を見上げると~~
「鎮守社」の朱色が、目に飛び込んできました

池から社までの土手は、もみじで朱色で染まっています
社

「北池」の方まで、歩いて来ました。
紅葉している木が、見えます!!
木の下は、紅葉の葉で朱色です。

紅葉

「北池」の中心の石橋の向こうに
真っ赤
な大きな紅葉の木が見えています!!!
藤棚

池の紅葉は、錦色です
池ともみじ

月の灯篭と紅葉
灯篭と紅葉

池越しの紅葉の木
真っ赤で、とっても大きな木でした

もみじ 全景

こちらの「醒花亭(せいかてい)」からの、池の眺めは最高です
こちらの庭園は、海外からのお客様を案内されることがあり
茶室も使われているそうです。
赤っぽい壁が綺麗です。

茶室

紅葉の向こうに、藤棚のある石橋が見えています
紅葉と橋

池の手前の石は、「浜」を表しているそうです。
綺麗に揃った大きさの石に、目が行きますね!!

ふじ棚

ソテツは冬越しのため、こんな風に冬支度済でした
冬支度

仙洞御所を見学のあと、四条のミシュラン☆付き「なん波」に
ランチに来ました

なん波

なん波でも「紅葉」に出会いました
紅葉がのった一品


つづく・・・!!
スポンサーサイト

テーマ : 関西地域情報(大阪 兵庫 京都 滋賀 奈良 和歌山)
ジャンル : 地域情報

修学院離宮 ~紅葉の季節に~

2010年春に桜を見に来て以来8カ月ぶりの 修学院離宮

今日は、紅葉を見にやってきました^^v
(ハガキを出して、見事参観許可をゲット!!)
門の奥に、錦の紅葉を発見
今日は12月2日、もう散ったかな?と心配していましたが・・・良かった!!
思いがけなく暖かく、10月位の暖かさでコートも不要でした!


門

門の中の紅葉は、まさに「錦の紅葉」でした・・・
錦の紅葉

待合所の前には、黄色の紅葉
黄色い紅葉

散った紅葉が、苔の上に積もってキレイ
紅葉のじゅうたん

下離宮に入って来ました。
こちらの紅葉は、終わりかけでしょうか・・・


下離宮

下離宮の池は、散ったもみじの葉で
錦の池になっていました

池

下離宮 壽月観
下離宮

壽月観の引き戸の取っ手は、傾いた太陽の光で輝いていました

引き戸の取って

中離宮に向かって、「御成り道」を歩いていきます。
紅葉の季節だけに、この時期は毎日拝観定員いっぱいだそうです


中離宮へ

紅葉した山を見ながら、移動して行きます
紅葉の山

中離宮に入ると、真っ白な椿が咲いていました!!
とっても、楚々としてキレイ

椿

椿の木の下には、白い花びらが落ちていて
風情がありますね!

椿の木

客殿に向かって階段を登って行きます!
御殿


こちらの池も、モミジがいっぱいでした
御殿前の池

客殿は、1682年に移築されたものと頂いたしおりにかいてあります。
古い建物ですが、霞(かすみ)棚と呼ばれる美しい棚があり
見ごたえのある建物です。

御殿

中離宮を出て、さっき歩いて来た「御成り道」を戻り
山の上の「上離宮」に向かって、坂を登って行きます。

御成り道 松

上離宮の門です。
各々の離宮は、鍵がかけられる門があり
鍵を開けて入り、警備の人が鍵を閉めていました。

上離宮

ここが、大好きな場所
木々に囲まれた空間から、急に視界が広がり
ものすごく、感激します

眺め

上離宮で一番高い場所にある「隣雲亭」の前にあるもみじの木。
春は緑が綺麗でしたが、真っ赤に紅葉しています

真っ赤なもみじ

そして、このもみじの下で必ず写真を撮ります!!
まさに、絶景ポイントですよ

毎回写真を写す場所

隣雲亭から、階段で池の方に降りて行きます。
雑木林の紅葉と、階段がとっても素敵ですね~~!

階段を下りて

みんな、仲良く真っ赤です
真っ赤

土橋の下も、錦色
川も紅葉色

浴龍池と呼ばれる大きな池。
この池は、人口池です。上皇の希望で、池は造られました。。。
この場所からの、池は奥行きがありとっても綺麗

クリックしてもらうと、写真は大きくなります。
池

池から見ると、小高い丘の上に「隣雲亭」ともみじが見えます。
遠くに隣雲亭

池を作るための土手を隠す為に、木々が植えこんであります。
手前が「大刈込」と呼ばれる、植込み。

大刈込

浴龍池の端っこ。
風で吹き寄せられたもみじの葉が、とっても綺麗です!!
春は、ここに桜の花びらが集まって「花筏」が出来ます

もみじだらけ

おまけ・・・・
京阪・出町柳駅の横を流れる鴨川。
真ん中には、下鴨神社の「糺の森」世界遺産が紅葉していました

出町柳

テーマ : 関西地域情報(大阪 兵庫 京都 滋賀 奈良 和歌山)
ジャンル : 地域情報

奈良 秋篠寺

ミラノを書き出したばかりですが・・・
今日は、チョット寄り道。

奈良・西大寺にある「秋篠寺」
天皇家 秋篠宮家はこちらからの「秋篠」から来ています。

秋篠寺の風格ある門です。

門

門の横にある灯篭には「鹿」がいました
灯篭

門を入ると、すぐに萩の花が迎えてくれました
白い萩の花は、楚々として眩しい感じですね
白萩

紫の可愛い萩も咲いています。
紫の萩

少し歩くと、突然苔庭が見えて来ました!!
とっても綺麗な苔庭です・・・。
ビロードのような、苔の質感に癒されます

苔庭

本堂ちかくで、拝観料を払い中へ入ります。
本堂の中には「愛染明王(あいぜんみょうおう)」像があります。
少し首をかしげて、優しく立っていらっしゃいました。

本堂

テーマ : 近畿地方(滋賀・京都・大阪・兵庫・奈良・和歌山)の各府県の駅前路線情報
ジャンル : 地域情報

東京 皇居東御苑 ~薔薇の季節に~

丸の内近くのお堀に、白鳥が泳いでいました
白鳥

江戸時代の正門にあたる高麗門と大手渡門があります。
大手門入口

「大手門」 大きな門です!!!
大手門

いくつもの番所の前を通り過ぎ、中之門跡があります。
中之門のから丸の内の高層ビルが見えます。

中之門

庭園に行くと「菖蒲田」がありました。花は、咲いていませんが・・・
菖蒲田しょうぶ

菖蒲田に行く手前に、雑木林があり「エコノキ」と言う木を発見!
可愛い花が咲いていました。

エコノキ

雑木林の小川ですずめが、水浴び
すずめ

池の横には藤棚
池

上の写真に写っている花は「シラン」でした!
しらん

たくさん花が咲いていて、とってもキレイ
しらん2

池の中にも、小さな黄色い花がさいていて可愛い!
池の花

池の中にたくさん、咲いていました。
池の花

本丸・大奥に続く坂
坂

この坂の名前です。
昔は、海が見えたのでしょうね!

汐見坂

汐見坂の上から、振り返ると・・・
丸の内のビル群が見えています!

汐見坂

坂を登って行くと、大奥の跡があります。
大奥

今は広い芝の広場に、なっていました・・・
芝

芝には、所々に穴が~~
モグラの穴だそうです。気を付けて歩きましょう!

もぐら

バラ園があるというので、今日来ました。
今日のメインは、この場所です。

天皇陛下の希望でこの場所にバラの原種が集められているすです。

「シロバナハマナス バラ科」

シロバナハマナス

「ハマナス バラ科」
北海道の駐車場で、数年前に見ました。原種なので、トゲが多く危ないです。

ハマナス

花がたくさん咲いていると、豪華ですね
たくさん


ハマナス

たくさん花が付いた、バラの木です。
バラの木

小さな可愛いバラの花は「ノゾミ」と言う名前のバラでした。
薔薇

ノゾミのアップです。ちょっとピンク色!
バラ

「マイカイ バラ科」キレイなピンク!!!
マイカイ

「カノコ バラ科」
カノコ

「サンショウバラ バラ科」 変わった名前ですね・・・
サンショウバラ

大きな木が、白く見えます!
木

「ヤマボウシ」と言う名前の木でした。
白く見えているのは、花でした!

この木は、北海道の札幌の北大の植物園で見ました。
こんな場所で、名前がわかるとは・・・めぐり合わせですね!

ヤマボウシ


テーマ : 東京23区
ジャンル : 地域情報

京都 桂離宮~つつじの季節に②~

前回の 桂離宮~つつじの季節に①~
の終わりに渡った「石橋」が、写真の左手に写っています。

この建物が「松琴亭(しょうきんてい)」です。

松琴亭

石橋を渡ってすぐ正面に、
茶室の「八窓(はっそう)の囲(かこい)のにじり口」が、あります。
ここ松琴亭は、桂離宮でもっとも格の高い茶室です。

茶室

松琴亭から池越しに、御殿(左手)と月波楼(右手)が見えています。
写真をクリックしてもらうと大きくなります。

松琴亭からの御殿

池を挟んで道があります。
昔は、ここに橋がかかっていたそうです。
つつじが綺麗に咲いています。

昔はここに橋がかかっていた

つつじがたくさん咲いていて、綺麗です
つつじ

小高い丘に建っている「賞花亭(しょうかてい)」
今はつつじが咲いて綺麗ですが、
夏の終わりには萩が茂って、また違う風情が楽しめます

写真をクリックしてもらうと、大きくなります。
外腰掛

この辺りは、夏の終わりには萩が茂って下の池が見えなくなってしまいます・・
はぎ

賞花亭から、飛石ずたいに池のそばまで降りて行きます・・・
降りて行きます

「園林堂」に続く土橋の手前には、真っ赤なつつじ!
ここ園林堂は、桂宮家代々の御位牌などが祀ってあったそうです。

園林堂

「笑意軒(しょういけん)」全景。
もう、先頭の人達は着いています。

笑意軒


笑意軒

窓の下の壁部分には、金箔とと市松模様ビロードの装飾があり
高級感が漂う部屋です

壁

窓から見えるのは、宮内庁が買い上げて景観を保存している田んぼです。
夏になると、稲が茂っています。

窓

笑意軒の手水鉢と、土橋。
水鉢

つつじも、もう終わりです・・・
つつじは終わり

書院への道
書院への道

書院
書院

「月波楼」に着きました。ここは、月見のための茶室だそうです。
月波楼

キレイな柄の襖です。
ここの襖や壁紙は「唐長」さんの物です。

ふすま

襖の取っ手は、かいこの糸巻きを表しているとの説明でした。
取っては糸巻き

最初の方で紹介した、御輿寄せで見学終了です。
約1時間の、別世界でした

車寄せ


桂離宮~つつじの季節に~ 終わりです。

テーマ : 京都
ジャンル : 地域情報

プロフィール

まろんちゃん

Author:まろんちゃん
私の名前は、まろん。14歳の柴犬です。みんなにマーちゃんと呼ばれています。柴犬ですが・・・室内犬暦14年!!「番犬には、ならない・・」と、言われています。旅行好きの両親の代わりにブログを書いている、優しい私ですv(^^)v 両親の2009年6月のパリへの旅行は、ファーストクラスを利用したみたいです。ブログに少しずつアップしていきますから・・・チェックしてくださいね!!!

花紀行を書く私ですから、もちろん桜の季節は花見に行きます。今年の春も美味しいランチを食べながら、桜を楽しみました

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。