スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パリの美術館③ ルーブル美術館

ルーブル美術館  池の中心にあるガラスの建物が入口です。
休憩?待ち合わせ? たくさんの人がいます。ここに来たのは、3回目です。
ピラミッド

前回はなかった、ルーブルの一部に出来たカフェでさっそく休憩
ルーブル カフェ

誰もが休憩したくなる様な、素敵なカフェ

ルーブル

ルーブルは、人でいっぱい!
ミルク入りコーヒーとチョコで、元気になって見学に出発!
個人旅行は自由がきくので・・・つい、お茶の時間が増えてしまいます・・
体力もないし

カフェ コーヒー

お茶をしながら、エッフェル塔も見えます。
カフェからの眺め

やっと、ルーブルの中へ・・・
21年ぶりに「サモトラケのニケ」を見ました!5年前は、見るのを忘れてしまって・・・
とっても、心残りでした。階段の上を見上げる・・・この展示の仕方が、とっても好きです

ニケ

階段を登って、横からの写真です
ニケのアップ

「モナリザ」の部屋が出来ていて・・・人で、いっぱい!!
映画の影響でしょうか?サン・シュルピス教会の子午線の写真を、下のほうの「おまけ」でアップしますね!

たくさんの人

「モナリザ」は、ガラスの中なので、写真が上手く写せませんでした・・・
行く度に厳重な管理になっています!初めて見た時は、普通に壁に飾ってあったのに・・・

モナリザ

「ナポレオンの戴冠式」アップです・・・全部を一度に写しにくいほど、大きいです
ナポレオンの戴冠

「ミロのビーナス」
ミロのビーナス

横からも、綺麗です。
横から

このキレイなモザイクは、「ミロのビーナス」の視線の先にある床です!
床

エッ!!!と思って、写した絵です。
ラファエロの聖母子ではないかと、思っていますが・・・??
画像をアップにして見ましたが、タグがピントが合ってなく読めませんでした。

イタリア絵画

おまけ・・・サン・シュルピス教会(サンジェルマン地区)
映画「ダヴィンチコード」で有名になった教会です・・・
教会の中の床を走る子午線(ローズライン)は、白い矢印のような壁の方まで続いています。

子午線


サン・シュルピス教会内部
教会内部

やっぱり・・絵も見たいですよね・・・・・案内が、書いてありました
絵の案内

ドラクロワの絵です
ドラクロワ

スポンサーサイト

テーマ : パリ、フランス
ジャンル : 海外情報

プロフィール

まろんちゃん

Author:まろんちゃん
私の名前は、まろん。14歳の柴犬です。みんなにマーちゃんと呼ばれています。柴犬ですが・・・室内犬暦14年!!「番犬には、ならない・・」と、言われています。旅行好きの両親の代わりにブログを書いている、優しい私ですv(^^)v 両親の2009年6月のパリへの旅行は、ファーストクラスを利用したみたいです。ブログに少しずつアップしていきますから・・・チェックしてくださいね!!!

花紀行を書く私ですから、もちろん桜の季節は花見に行きます。今年の春も美味しいランチを食べながら、桜を楽しみました

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。