スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

京都 仙洞御所(せんとうごしょ)② 春~藤棚・ツツジ

2010年4月28日 京都御苑内の「仙洞御所」の参観に来ました!

京都御苑の「蛤御門」を入った所で、パチリ
写真の突き当たりに、かすかに写っている壁がこれから行く「仙洞御所」です。
何度行っても、この広さには圧倒されます。

蛤御門からの御所

目的地に向かって歩いていると、八重桜が咲いていました。
ピンクが可愛い

八重桜

やっと「仙洞御所」の入口が見えて来ました!
でも、近くに見えても遠いんです

やっと仙洞御所

着きました!
ここが「仙洞御所」の入口です。
人が立って入る所で参観許可証をチェックされて、中へ・・・

門

中に入ってすぐ「大宮御所御車寄」があります。
御車寄とは、玄関ですね。
ここ仙洞御所は、現在も皇室の方が訪れられるそうです。

大宮御所

御車寄から、「御常御殿」への道。
苔のむした中を、曲がった道が続いています。
日本庭園は、曲線と直線の使い分けが楽しめます!

車寄せからお常御殿への道

「御常御殿」の庭園
竹林やツツジ等が、植えてあります。
赤いツツジの花が、満開でした。

お常御殿庭園

「御常御殿(おつねごてん)」
建物の左に「紅梅」 右に「白梅」 庭に、竹林・松が植えてあり(上の写真)
「松竹梅の庭」とも伝えられているそうです。

御成御殿

御殿前を通り過ぎると、「北池」に出ます。
北池

北池の茶室前の、船着場。
今でも、時々舟遊びが行われていると言うお話しでした。

北池 船着場

北池の「山吹の花」
山吹き

こんな感じで、御所内を周って行きます。
「写真を写す人は、最後からついて来て下さい!」
と言われたので、最後組でついて行ってます

こんな感じで周ります

北池の岸も、ゆるいカーブで演出されています・・・
北池 

夏になると、この「鎮守社」は、木々で見えなくなります。
朱色と、新緑がとっても綺麗です

鎮守社

日陰のツツジは、まだ咲きかけ・・・
ツツジ

苔むした庭を見ながら、歩いて行きます
苔むした庭

緑の世界に紛れ込んだ感じ・・・
緑の世界

みずみずしい苔の中に可愛いスミレを発見
すみれ

カエデの花は、もう終わり・・・
かえで

「もみじ橋」と藤棚が見えて来ました
今回は、藤棚を見に来ました!近くで花を見るのが、楽しみです。
もみじ橋の藤

南池にかかる「もみじ橋」のたもとに着きました。
ツツジも咲いている風景は、優雅ですね!

藤とツツジ

藤の花のアップ
藤アップ

藤棚のある「八ツ橋」を、渡って行きます。
直線と90度に曲がる橋の美

橋を渡ります

八ツ橋を渡たった「中島」にある、灯篭とツツジ
灯篭とツツジ

南池越しに見えている、「醒花亭(せいかてい)」茶亭です。
北池と酔花亭

醒花亭の前から州浜(すはま)、南池を見た写真です。
酔花亭の前から

州浜の石は、揃った石が敷き詰め「浜」をイメージしています。
州浜の石

八重桜と藤の花が、綺麗です
藤と八重桜

茶室「又新亭(ゆうしんてい)」の、待合。
茶室待合

「又新亭」明治17年に近衛家から献上された、茶室。
茶室


苔の上に、落ちた桜の花びら
ここで、見学は終わりました!!
苔のうえの桜


門を出ると、菊の紋がついた車が止まっていました。
私達と入れ替わりに、外国からの要人が見学にきていたみたいで、
警備が厳しかったようです・・・

菊の紋の車

蛤御門の手前
京都御所の壁沿いの大木! 本当に、大きいです。

御所の横の大木



終わり
スポンサーサイト

テーマ : 京都
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

まろんちゃん

Author:まろんちゃん
私の名前は、まろん。14歳の柴犬です。みんなにマーちゃんと呼ばれています。柴犬ですが・・・室内犬暦14年!!「番犬には、ならない・・」と、言われています。旅行好きの両親の代わりにブログを書いている、優しい私ですv(^^)v 両親の2009年6月のパリへの旅行は、ファーストクラスを利用したみたいです。ブログに少しずつアップしていきますから・・・チェックしてくださいね!!!

花紀行を書く私ですから、もちろん桜の季節は花見に行きます。今年の春も美味しいランチを食べながら、桜を楽しみました

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。