スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

京都 桂離宮~つつじの季節に~①

2010年5月6日10時からの参観 
京都の桂離宮に、つつじの花を見に行って来ました。
阪急・桂駅から歩いて15分ほど。タクシーだと、ワンメーターで5分ほど。

桂川沿いに、離宮があります。
起源は1615年「桂山荘」  
1662年頃までには、新御殿・月波楼などが新増築されたそうです。


今から「天皇が通られた道」を辿ってみましょう。
天皇が来られた時に、使われていた門「表門」。(庭園の中から、写しています)
[写真A]

天皇の門

正門から御幸門までの間には、紅葉の木がたくさん植えてあり
新緑に、包まれていますが・・・
秋の紅葉もたのしみです。

かえで


「御幸門」
この門の右下の四角く大きい一枚石は、
籠を置いた石だそうです。
写真をクリックすると、大きくなります。

御幸門

御幸門を出て右手には、「御幸道」が真っ直ぐ伸びています。
突き当りが、御殿です。
とっても綺麗な石が、丁寧に並べてあります。
しかも、平らな道のようにきれいで、飛び出ているいる石はありません

[写真B]
御幸道

上の写真の道の一番奥に写っている「土橋(どばし)」のアップです。
土橋の両横に、小さなブルーの花が咲いていました

土橋

上の写真の「土橋」を渡ると、左に曲がりますが・・・
突き当たりに垣根はなく、この「止めの松」が
池の向うの景色を隠すように、凛とたっています。
また、ツツジの咲いている右手にすぐ曲がって行きます。
写真をクリックしてもらうと、右手にツツジが見えて来ます!

止めの松


つつじの垣根の右手にある中門をくぐると、「古書院」があり、
つつじの垣根の上の屋根は「月波楼」です。

つつじの塀

「中門」をくぐると、御輿寄(おこしよせ)です。
門

御輿寄に向かって有名な「真(しん)の飛石」が敷かれています。
この石畳は、どの飛石より格調高い飛石(延段)になります。
(茶道などで、真・草・行と言いって、お手前の区別をつけているのも
ここから来たのでしょうか?)
飛石の真ん中の、縄の巻いてある石は、「止め」の石で、
見学者はここから先には入らないように・・・との、印です。

真っ直ぐな道ですが、石の組み合わせで表情がでていますね!

御殿玄関

御殿の内部は非公開です・・・
月見台からの眺めは、どんな感じでしょうか

御殿 月見台

天皇は、幕府から外泊が許されていなかったので、
月見台から「月見」をする事は、なかったそうです。
昼間の、こんな景色を見たのでしょうか?

月見台からの眺め

右手が「古書院」 中央が「中書院」 左手が「新御殿」です。
桂川の氾濫に備えて、高床ですが・・・庭の眺めも良かったでしょうね


御殿

ここで、天皇の辿られた道は、終わりです。
で、これからは私達が拝観する道を、辿って行きましょう


桂離宮の敷地に入りました。
この道の突き当たりの右手に、参観者入口があります。

駐車場から

参観者入口。
参観許可書を見せて中に入り、右手にある待合室で時間になるのを待ちます

入口

最初に「天皇が通られた道」でアップした「表門」「御幸門」「御幸道」を見学。
そのあと、このツツジの綺麗な道に入って行きます

写真の左奥に写っている屋根は「松琴亭(しょうきんてい)」
ツツジの道

ツツジの道から、左に入るとソテツが植えてある庭に着きます。
「写真C]

ソテツ

ソテツの向かいには「外腰掛(そとこしかけ)」があり、
説明を受けながら見学です。
この外腰掛は、茶室「松琴亭(しょうきんてい)」の待合です。

みんなで、見学

外腰掛の全景
外腰掛

外腰掛の出口にある灯篭、この季節はツツジが綺麗
外腰掛の灯篭

ツツジ越しに、池が見えます。
池の横の飛石を、「松琴亭」に向かって歩いて行きます。
こんな風に、風景をさえぎった趣向が多く見られます。

つつじ越しの池

池の周りを歩いて飛石ずたいに行くと、池の向うに「松琴亭」が見えて来ました。
写真左手下のほうの、石が敷き詰めてある所は「浜」を表現していて
「州浜(すはま)」と呼びます。

州浜

左手が「松琴亭」奥の建物が「御殿」です。
青空が広がって来て、池にも雲が写っています

松琴亭

外腰掛からの池沿いの道を写しました・・・
写真手前の「石橋」は、長さ6m 幅65cm 厚さ35cmの一枚石です。

松琴亭への道

続く・・・


スポンサーサイト

テーマ : 京都
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

まろんちゃん

Author:まろんちゃん
私の名前は、まろん。14歳の柴犬です。みんなにマーちゃんと呼ばれています。柴犬ですが・・・室内犬暦14年!!「番犬には、ならない・・」と、言われています。旅行好きの両親の代わりにブログを書いている、優しい私ですv(^^)v 両親の2009年6月のパリへの旅行は、ファーストクラスを利用したみたいです。ブログに少しずつアップしていきますから・・・チェックしてくださいね!!!

花紀行を書く私ですから、もちろん桜の季節は花見に行きます。今年の春も美味しいランチを食べながら、桜を楽しみました

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。