スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フランス・コートダジュールとミラノの旅 6 ルノワール美術館(家)

カーニュ・シュル・メール(Cagnes-sur-Mer)
にある「ルノワール美術館」は、
ルノワールが晩年を過ごした家が美術館になっています。

美術館のエントランス。
何気なく車で通り過ぎてしまそうな、たたずまい・・・。
小高い丘の上にあって、街からは少し離れています。

家1

エントランスの横には、バス停もありました。
バス停

看板があるので、ここだとわかります!
看板

草に隠れるように案内板がありました!
見逃してしまいそうに、小さいです・・・気をつけて、歩きましょう

案内板

エントランスを入ると、駐車スペースになっていて
草木が茂った小さな道を、降りて来ると・・・このショップの前に着きました

ショップ

ショップの周りから、ズーと向こうまでオリーブの木々が植えてあって
とっても広い空間です!!!!とっても、気持ちがいいです

ショップの回りのオリーブの木

ショップから左手に、ルノワール美術館(家)が見えてきました。
家

ラベンダーの花が咲いていていました。
ここは、ルノワールがリウマチにおかされた晩年を過ごした家で
人生最後の家になります。

ラベンダーと家

家の全景です。
家全景

玄関も、シンプル!!
入口

玄関の横に貼ってあった、ボード。
玄関横のボード

家の中は、写真を写す事が出来ません。
色々な物がおいてあるので、監視カメラも万全です!

家の外に出て、裏手へ~~
花が咲き、小さな丘の上に建っている家からは海も見えます。
家の裏手

庭に咲いていた、アガパンサスの花。
この花は、我が家にも咲いていました。
フェンスも可愛くて、写真を写しました

アガパンサス

2階の大きな窓が、ルノワールのアトリエになっています。
天井が高く、とっても広い部屋でした!
12時に一度閉館になります。まだ10分以上ありますが、
休み時間の用意を始めたようです・・・!

2階がアトリエ

エントランスの看板の像の、後ろ姿
庭

なだらかな丘の敷地は、とっても広く公園みたいです。
なだらかな丘の庭

遠くに見えているオ・ド・カーニュの「グリマルディ城」
グリマルディ城

この庭で書いた絵が、書いた場所にディスプレイしてあって
絵が、身近に感じられます

庭には絵が

オリーブ林の木陰で、ゆっくりと時間が過ごせるように
いたるところにベンチが置いてあります!

木陰で

オリーブの木が、こんなに大きな木になるとは・・・知りませんでした
オリーブの木

家族でランチに来ているのでしょうか?
楽しそうに子供達は、走り回っていました

ルノワールの家に入らなければ、お金は払わなくていみたいです。
市民の憩いの場なんですね!

ランチ

スポンサーサイト

テーマ : パリ、フランス
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

まろんちゃん

Author:まろんちゃん
私の名前は、まろん。14歳の柴犬です。みんなにマーちゃんと呼ばれています。柴犬ですが・・・室内犬暦14年!!「番犬には、ならない・・」と、言われています。旅行好きの両親の代わりにブログを書いている、優しい私ですv(^^)v 両親の2009年6月のパリへの旅行は、ファーストクラスを利用したみたいです。ブログに少しずつアップしていきますから・・・チェックしてくださいね!!!

花紀行を書く私ですから、もちろん桜の季節は花見に行きます。今年の春も美味しいランチを食べながら、桜を楽しみました

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。