スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

京都 修学院離宮~桜の季節に~

この日は、4月初めとは思えないほど寒い日でした!!!
京都北東に位置する、修学院離宮。
住宅地と隣り合わせる場所に、突然「門」があります。


修学院離宮は、上・中・下の三つの離宮からなっていて、下離宮から見学して行きます。
山麓に広がる離宮のため、上と下の離宮の標高差は40m近くあるそうで、
歩いていると、坂が多いです・・・

4月門

予約表を見せて、チェックを受けたら待合へ
待合

最初に見る下離宮の「寿月観(じゅげつかん)」への、階段と灯篭。
園内

階段を登ると、灯篭(とうろう)と池のある庭に着きます。
「寿月観」の庭です。

灯篭

庭には小川が流れ、もくれんの花がまだ咲いていました
庭

「寿月観」の全景。
全景

「寿月観」は、後水尾上皇の「しんぴつ」だそうです。
寿月観かんばん

部屋の中には、綺麗な飾棚や襖絵が!
部屋

飾棚の戸袋には、上に「鶴」下の地袋に「蘭と岩」(筆者は原在中)
の絵が描かれています。

棚

下離宮を出て、中離宮への道から見た山々にも桜が咲いています
桜

色白の桜達
桜アップ

松並木を歩いて「中離宮」へ、移動!
馬車道

「中離宮」の門に着きました。
案内の人が、鍵を開け中に入っていきます。
見学の人が中に入ると、最後について来ている人が鍵をかけます。

中離宮門

中離宮の門を入ると、すぐ階段!!
階段

「中門」の横から「楽只軒」へ・・・
中門

手入れの行き届いた「松」
松

庭の中にも、また階段が!!
また階段

中離宮「客殿」にある杉板の引き戸。
祇園祭の「鉾」の絵が描いてあります。

杉板の絵

「客殿」にある天下の三棚と称されている「霞棚(かすみだな)」
差し込んで来た日差しで、輝いていました。

霞棚

中離宮「楽只軒(らくしけん)」内親王の御所
「吉野山の桜」の絵は、狩野探信の描いたものだそうです。

楽只軒

青空が広がって来て、青空とさくらが綺麗
桜


中離宮から見た「上離宮」への松並木。
この松並木は「御馬車道」とも呼ばれています!
この山のすそ野辺りに、上離宮があります。

上離宮への道

御馬車道を歩いて「上離宮」へ・・・
馬車道


「御馬車道」から見る「上離宮」の桜と
「大刈込み」と呼ばれる、土手を隠す為の植え込みが写っています。
写真をクリックしてもらうと、写真が大きくなります!!

馬車道と桜

上離宮の門に、着きました
これから、中へ!
上離宮入口

私だけでなく、「上離宮」は誰もが感動する空間・・・
「息をのむ!」と言うにふさわしい、景色が広がっています


狭い急な階段、植栽に囲まれ周りは見えません!
この階段が、感動空間の入口なのです・・・

階段


下から、階段を登って来て振り返ると・・・
この風景が、目に飛び込んで来ます

登って来た道

いつの間に、こんなに高い場所に来てしまったのか・・・
ビックリ!してしまいます。

池の向うの桜と、借景の山々。限りなく広がる空間に、見入ってしまいますね

写真をクリックしてもらうと、大きくなります。
絶景

反対側には、市街地が広がっていて一望です
市街地

この風景を楽しむ為に「隣雲亭(りんうんてい)」が建てられています。
後水尾上皇は、この風景をこよなく愛していたのでしょうか?
建物の名前のとおり、雲の隣にいる様な「すがすがしさ」を感じる丘です

隣雲亭

隣雲亭のある丘から、「浴龍池(よくりゅうち)」と呼ばれる池のそばまで
曲がりくねった階段を、下りて行きます。

池に下ります

池の横には、きれいな苔に木の枝の影が写りこんでいました。
苔

山からの吹き降ろす強い風に、湖面には「波紋」が・・・
山からの風

左手が「千歳橋(ちとせばし)」右手の建物が「窮すい亭(きゅうすいてい)」
※窮すい亭の「すい」の漢字は変換出来ませんでした・・

橋

みんなが今渡っているのは、「楓橋(かえでばし)」
楓橋

楓橋のたもとに咲いていた、可愛い花
花

もうすぐ午後4時。
ななめから差し込んでくる光に包まれて、
「静かなる浴龍池(よくりゅうち)」
池は、鏡の様に桜を写し込んで・・なお、静か!
感動の、一瞬でした。

超絶景 鏡池

終わりかけの「桜」
桜の季節を3ヶ月前に予測して選んだこの日。
真冬の様に寒い日に足を運んで来て、良かった

池と桜

浴龍池の横から見た、棚田の風景。
どこかなつかしく、のんびりとした風景に心なごみます・・・

棚田

桜舞い散る中の浴龍池の周りを、散策!
花びら

池の横の桜の木の下から見た、「隣雲亭」
池から見た隣雲亭

池の横に集まった、桜の花びら
花筏(はないかだ)になって、私達を楽しませてくれています。
花筏

とうとう、上離宮入口に戻って来ました。
今日の「修学院離宮」の見学も、終わりです。
約1時間15分の、小旅行でした

また、違う季節に訪れたい場所です!!
上離宮入口
スポンサーサイト

テーマ : 京都
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

まろんちゃん

Author:まろんちゃん
私の名前は、まろん。14歳の柴犬です。みんなにマーちゃんと呼ばれています。柴犬ですが・・・室内犬暦14年!!「番犬には、ならない・・」と、言われています。旅行好きの両親の代わりにブログを書いている、優しい私ですv(^^)v 両親の2009年6月のパリへの旅行は、ファーストクラスを利用したみたいです。ブログに少しずつアップしていきますから・・・チェックしてくださいね!!!

花紀行を書く私ですから、もちろん桜の季節は花見に行きます。今年の春も美味しいランチを食べながら、桜を楽しみました

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。